日本アレンスキー協会概要

1880年代からロシア革命の勃発した1917年までの40年足らずの間に、ロシアの音楽界は未曽有の発展を遂げました。音楽史的には、リムスキー=コルサコフに代表される「力強い一団」(五人組)からストラヴィンスキー、プロコフィエフに繋がるペテルブルクの系統、そしてチャイコフスキーからラフマニノフ、スクリャービンに繋がるモスクワの系統がこれに貢献したと言われています。しかし、その一方で中間世代と呼ばれる一群の作曲家達が多くいたことは余り知られておりません。その代表格としてアレンスキーやタネーエフ、グラズノフそれにリャードフなどの優れた作曲家がいますが、1880年代に活躍を始めたことから時に「80年代組」とも呼ばれます。
彼らは作曲家としてのみならず教育者としても活躍し、ラフマニノフやスクリャービン、メトネルら多くの作曲家を育てたのです。当然のことながら作曲家としても素晴らしい作品を多く残しているのですが、その業績に光が当たることはごく稀でした。特に我が国に於いてはドイツ、フランスの音楽が広く受け入れられ、ロシアをはじめ他の国々の音楽は、一部の研究者や愛好家の関心の対象でしかなかったという現実がありました。しかし、その世界に一歩足を踏み入れてみると、そこには実に豊かな世界が広がっているということが、昨今次第に明らかになってきたのです。
そのような状況に鑑み、特にロシアに於ける「80年代組」の作曲家達に焦点を当て、彼らの作品の学術的な研究と同時に、一般の音楽ファンの方々に対しての普及活動を行うため、2009年に本協会が設立されました。ロシアと気候風土で共通点があり、また文化的にも古くから交流のある北海道に本部を置き、活動を行っています。
是非とも本協会の主催するコンサートや例会に参加され、新たな音楽の世界との出会いと知の喜びを体験して頂きたいと思います。

名誉会長  佐々木 譲(作家)
会  長  川染 雅嗣(昭和音楽大学教授、ピアニスト)
副 会 長   高橋 健一郎(札幌大学教授、ロシア語学・ロシア音楽)